救急科

救急車で来院された方や状態の悪い方を中心に診療を行っております。救急外来には内科外科問わず様々な方が受診されます。いろいろな疾患に対応するためには幅広い知識が必要とされます。当科では救急のみならず内科、外科、小児科、重症疾患など幅広く対応ができるジェネラリストを目指し、日々研鑽しています。救急医だけの対応では困難な症例に関しては各診療科と連携して対応しております。救急隊や他の病院との幅広い連携を培っているのも当科の特徴です。

対応可能 疾患名

内科系疾患から外科系疾患まで緊急性の高い病態や疾患

教授紹介

  • 有嶋 拓郎

    教授

    Takuro Arishima

    有嶋 拓郎

    専門・実績



     本年度開業した藤田医科大学 岡崎医療センターの救急診療科の部長を拝命いたしました。私は最初に外科を志望して修練しましたが、3年目から救急医療の領域で働いてきました。自己完結型の救急(鹿児島大学病院救急部、豊橋市民病院救命科)、集中治療室に併設した救急(名古屋大学病院救急部、鹿児島大学病院救命救急センター)、救急と総合診療、集中治療を併設した救急(富山大学病院救急部)などいろいろな形態の救急診療部門に従事してきました。岡崎医療センターでは、豊明の藤田医科大科大学病院救急総合内科の岩田充永教授の方針に従い、救急室での救急疾患全般の初療を担当することを目指しています。
     救急医療では、内因性あるいは外因性の侵襲に対して生じる症候を適切に評価するし、重篤化を防止することを第一の目標に掲げています。このために、瀕死の病態に対する緊急対応と、専門的治療が必要な状態であれば専門診療科への迅速な診療引継ぎを行います。慢性疾患が悪化しているような病態では、その増悪の程度や速度によって応変の対応が行えるように標準的な治療法に精通できるように研鑽を積んでいます。多くの診療科は臓器特有の病態に治療軸を置いていますが、救急診療科は、症候特有の時間軸に重きを置いた診療体系で成り立っています。
     現在、私を含めて7名のスタッフで救急診療を担当しています。病院のゲートキーパー(院外救急に対する門番)の役割を果たしつつ、入院患者さんの急変対応や重症疾患の全身管理(院内救急に対する門番)にも応需できるように、着実に業務を拡充していきたいと思っています。

スタッフ紹介

  • 服部 弘太郎 講師

    〇専門医等

  • 松井 直樹 講師

    〇専門医等

  • 都築 誠一郎 助教

    〇専門医等

  • 高木 保 助教

    〇専門医等

  • 坂崎 多佳夫 助教

    〇専門医等

  • 湯川 貴史 助教

    〇専門医等