消化器外科

食道から直腸までの消化器疾患に幅広く対応可能です。癌などの悪性疾患に対しては、術前後の集学的治療を十分に施すことができるように低侵襲手術を積極的に行っていきます。
 
 胸腔鏡や腹腔鏡といったカメラを用いて小さな傷で手術を行うことを得意としておりますが、患者さんの病態に応じて従来の開腹手術を選択したり手術前に抗がん剤治療を行うなど、個々の患者さんに応じた治療方法の提示に努めさせていただきます。ロボット支援手術は開院間もないため、施設基準の取得を目指しております。術者基準はクリアしておりますので、自由診療でのロボット支援手術を行うことは可能です。     
 
 外科医として研鑽を積んだ8人の医師が所属しており、救急疾患にも柔軟に対応できる態勢です。地域の皆さんに安心して高度な消化器手術を受けていただくことができるように今後も努力を重ねていきます。

対応可能 疾患名

消化器悪性疾患(食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、肝細胞癌、胆管癌、膵癌)、急性疾患(急性虫垂炎、消化管穿孔、急性胆のう炎など)、良性疾患(鼠径ヘルニア、胆石症など)

スタッフ紹介

教授
  • 守瀬 善一
准教授
  • 勝野 秀稔
  • 菊地 健司
助教
  • 遠藤 智美
  • 松尾 一勲
  • 鈴木 和光
  • 神尾 健士郎
  • 河合 永季