消化器外科

 食道から直腸までの消化器疾患に幅広く対応可能です。癌などの悪性疾患に対しては、術前後の集学的治療を十分に施すことができるように低侵襲手術を積極的に行っていきます。
 
 胸腔鏡や腹腔鏡といったカメラを用いて小さな傷で手術を行うことを得意としておりますが、患者さんの病態に応じて従来の開腹手術を選択したり手術前に抗がん剤治療を行うなど、個々の患者さんに応じた治療方法の提示に努めさせていただきます。
 
 外科医として研鑽を積んだ8人の医師が所属しており、救急疾患にも柔軟に対応できる態勢です。地域の皆さんに安心して高度な消化器手術を受けていただくことができるように今後も努力を重ねていきます。

対応可能 疾患名

消化器悪性疾患(食道癌、胃癌、大腸癌、直腸癌、肝細胞癌、胆管癌、膵癌)、急性疾患(急性虫垂炎、消化管穿孔、急性胆のう炎など)、良性疾患(鼠径ヘルニア、胆石症など)

▶当院で実施している保険診療可能なダビンチ手術

教授紹介

  • 守瀬 善一

    教授

    Zenichi Morise

    守瀬 善一

    専門・実績

    日本外科学会 専門医・指導医・認定医
    日本消化器外科学会 指導医・消化器外科専門医
    消化器がん外科治療認定医
    日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
    日本外科代謝栄養学会 教育指導医

    アピールポイント

    特に肝臓・胆道・膵臓領域を専門としています。厚生労働省高度医療指定・科学研究費支給を受け、保険適応になる前の早い時期から腹腔鏡による肝切除に取り組んできました。抗がん剤治療を始めとした他の治療も同時に組み合わせることで体への負担も軽くし、手術による利益を享受できる患者さんを増やしてゆく治療を実践しています。いつでも気軽にご相談ください。

スタッフ紹介

勝野 秀稔 准教授

〇専門医等
 日本外科学会 専門医・指導医
 日本消化器外科学会 専門医・指導医 
 消化器がん外科治療認定医
 日本消化器病学会 専門医
 日本大腸肛門病学会 専門医・指導医・評議員
 日本消化器内視鏡学会 専門医
 日本内視鏡外科学会 技術認定医
 日本内視鏡外科学会評議員 
 ロボット支援手術認定プロクター(直腸)

○アピールポイント
直腸癌に対するロボット支援手術に関して10年以上の経験を有しています。大腸癌などの悪性疾患、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎・クローン病)、機能性腸疾患(直腸脱・便失禁・痔)など“腸“に関する様々な疾患の外科治療に幅広く対応することが出来ます。是非、外来にてご相談下さい。

菊地 健司 准教授

○専門医等
 日本外科学会 専門医
 日本消化器外科学会 専門医
 消化器がん外科治療認定医
 日本消化器病学会 専門医
 日本内視鏡外科学会 技術認定医
 ロボット支援手術認定プロクター(胃)
 日本食道学会食道科認定医

○アピールポイント
上部消化器外科(食道・胃・胆膵)を担当させていただいております。
卒業後、北海道大学腫瘍外科に入局し道内関連病院で消化器外科の研鑽を積みました。特に食道癌治療は当時国内で最多の年間食道癌手術数であった恵佑会札幌病院で数多くの患者さんと向き合ってきました。現代のがん手術は根治性(治す)・術後の機能性(食べる)・侵襲性(体への負担)を考慮する必要があります。一緒に病気と向き合っていきましょう。

遠藤 智美 助教

○専門医等

○アピールポイント
主に、一般外科領域の大腸疾患(大腸癌や直腸脱、便失禁など)を担当しております。
特に直腸脱、便失禁などの患者さんは、周りの方になかなか相談できず、一人で悩まれている方も多いと思いますが、皆さんと寄り添える医療を目指しています。一緒に笑って泣いて、何でも相談できるような関係ができるよう頑張りますので気兼ねなく相談してください。

松尾 一勲 助教

〇専門医等
 日本外科学会外科専門医

○アピールポイント
主に一般消化器外科(鼠径ヘルニア、虫垂炎、胆嚢炎等)から上部消化管領域(食道、胃)を担当しております。手術における術式(開腹手術から鏡視下手術)また抗癌剤治療など病態や患者さん個々のニーズに沿って適切な治療法をご提案致します。岡崎、三河地域の医療に貢献できるように頑張ってまいります。気軽に外来でご相談ください。

鈴木 和光 助教

〇専門医等
 日本外科学会外科専門医

○アピールポイント
消化器一般および緊急疾患(緊急手術)を担当しております。開腹手術をはじめ、腹腔鏡手術などの低侵襲手術なども積極的に取り組んでまいりました。患者さんにとってより良い治療を提供できるように相談させていただきたく思います。よろしくお願いいたします。

神尾 健士郎 助教

〇専門医等
 下肢静脈瘤血管内焼却術実施医
 弾性ストッキング・圧迫療法コンダクター

〇アピールポイント
主に、一般外科領域の鼠径ヘルニア、急性虫垂炎などの急性疾患を担当しております。小さな傷で行うことができる腹腔鏡下手術等や形成外科に在籍していたノウハウを用いて、患者さんの術後の傷がなるべく目立たないような医療を目指しております。よろしくお願いいたします。

河合 永季 助教

〇専門医等

〇アピールポイント