病理診断科


岡崎医療センターには病理専門医と細胞診専門医の資格を有した2名の病理医が配属されています。診療科の臨床医が様々な方法で採取した検体をガラス標本にして顕微鏡で診断をさせていただいております。
細胞診は喀痰や尿および膣などからの分泌物、胸水、腹水、乳腺腫瘤などを注射器で吸引してガラス標本にして診断をするものです。組織診は生検とも呼ばれ内視鏡で病変と認識された組織を採取したり、画像診断で病変と認識された組織を針生検で採取した検体をガラス標本にして診断をするものです。腫瘍であるかそうでないのか、腫瘍の場合は良性か悪性か、悪性の場合はWHOや日本の癌取り扱い規約に則って診断をしています。この病理診断が最終診断になって適切な治療が選択をされて患者さんにお示しをして決定をするという流れです。手術に際しては、術前に確定診断がされていない場合や切除断端およびセンチネルリンパ節などで確実な手術となるべく術中迅速診断を行っています。手術材料の診断も術後の追加治療の必要性などが主治医に的確に伝わるような報告書を作成しています。化学療法においても適切な抗癌剤を選ぶ際にも病理診断に沿って選択がされます。また最近のゲノム医療で分子標的治療薬の選択も病理診断で決まるようになっております。
このように患者さんに直接お会いすることはありませんが、縁の下の力持ちとして患者さんにより良い医療がなされるように正確な病理診断という情報提供をしてチーム医療の要になれるように活動をしていますので、どうぞ安心して岡崎医療センターを受診されて下さい。

対応可能 疾患名

診療科の臨床医が採取できる全臓器

教授紹介

  • 黒田 誠

    教授

    Makoto Kuroda

    黒田 誠

    専門・実績




    1972年4月 1回生として名古屋保健衛生大学(現在の藤田医科大学)医学部入学。
    1978年3月 同卒業。その後、基礎系の病理学第一講座の大学院へ進学。  
    1982年3月 医学博士の学位を取得。
    1982年4月 病理学第一講座助手(現在の助教)に就任。
    1986年1月 講師に昇任し、米国フロリダ大学医学部病理学教室留学。基礎研究をしながら、シャ
            ンズ教育病院にて米国式の病理診断の習得をする。
    1988年1月 帰国後、病理学第一講座の講師に復職。
    1992年4月 助教授(現在の准教授)に昇任し、基礎系の病理学と大学病院病理検査室を兼任。
    2001年4月 臨床系の病理部(現在の病理診断科)教授に昇任。
    2018年3月 医学部教授を定年となり、岡崎医療センターの立ち上げ準備のために病院特命教授と
            なる。
    2020年4月 岡崎医療センター病院特命教授に就任。

    〇専門医等
     日本専門医機構・日本病理学会病理専門医
     日本臨床細胞学会細胞診専門医

    アピールポイント

    米国留学時に病理医の育成システムに感銘を受けました。日本の病理医は対人口比で米国の2割しかおらず、患者さんの最終診断である病理診断を担当する病理医の育成は急務でこれに全力を注ぐ決心を致しました。臨床の教授になった事は、日本の医学部では初の事でした。2004年には、日本病理学会の全国区理事となり、医療業務委員長、病理専門医制度運営委員長を歴任しました。理事を2期4年、常任理事を2期4年、副理事長を2期4年務めて最後は監事を1期2年務めました。その間に病理診断科の標榜および病理診断料の保険収載を実現させました。 日本はまだ米国の2割しか病理医がおりません。したがってすべての臓器に適切な病理診断が求められ、しっかりとした病理専門医制度を構築することに、努力をしてまいりました。今後は岡崎医療センターの病理診断を正確に実施するとともに400床クラスの中規模病院の病理診断科の在り方を模索して行きたいと思います。なお、難解症例については各臓器のスペシャリストにコンサルタントをお願いして万全を期しています。

スタッフ紹介

  • 中川 満 助教

    〇専門医等
     日本病理学会病理専門医
     日本臨床細胞学会細胞診専門医