脳神経外科

当科は脳卒中や頭部外傷などの救急疾患を中心に、脳血管障害全般、脳腫瘍全般の診療を行います。特に脳血管内手術や内視鏡手術など低侵襲の先端的な治療に力を入れたいと考えております。脳血管内手術ではフローダイバーターやステントを用いた大型・治療困難な動脈瘤の血管内手術、最新の液体塞栓物質(Onyx)を用いた脳動静脈奇形の塞栓術、頸部頸動脈狭窄症のステントによる治療など、最先端のものを含めた種々のデバイス(治療機器類)を駆使して治療致します。

対応可能 疾患名

救急疾患としては、脳卒中(くも膜下出血、脳内出血、脳梗塞)、頭部外傷が中心になります。脳卒中の原因には種々の脳血管障害(特に脳動脈瘤、脳動静脈奇形=AVM、硬膜動静脈瘻、頭頚部血管の狭窄・閉塞病変、脊髄動静脈奇形・動静脈瘻など)がありますが、これらに対しては脳卒中を発症した急性期の治療および予防的手術も行います。そのほかに、脳腫瘍全般、三叉神経痛、顔面けいれんなどの手術も対応致します。

対応不可能な疾患は、てんかん手術などの機能的手術および脊椎疾患ですが、上記のように脊髄動静脈奇形・動静脈瘻などの血管奇形は対応致します。

スタッフ紹介

教授
  • 定藤 章代
助教
  • 大見 達夫
  • 山城 慧
  • 若子 哲