消化器内科

消化器内科では上部消化管、下部消化管、肝、胆、膵臓各分野の専門スタックが常勤しており消化器疾患のすべての領域をカバーしています。内視鏡診断では、拡大観察機能を備えたスコープを用いて狭帯域光観察も行い精度の高い診断を行います。経鼻内視鏡を用いて低侵襲な診断を行うことも可能です。内視鏡治療では早期食道癌、早期胃癌に対して内視鏡的粘膜剥離術、胆道系疾患に対して経乳頭的な治療を行います。超音波診断ではびまん性肝疾患に関して肝硬度、Attenuation Image により肝臓の線維化、脂肪化を定量的に診断し、肝腫瘍に関して造影検査にて血流動態と質的な診断を行います。 超音波内視鏡では消化管、胆膵疾患の診断を行います。消化管、肝胆膵領域の進行癌に対しては各領域のガイドラインに参考にして最先端治療を行います。ウイルス性肝疾患に関しては最新の抗ウイルス薬を用いた治療を行います。

対応可能 疾患名

上部消化管疾患(食道癌、胃癌、上部消化管出血、食道静脈瘤)
下部消化管疾患(大腸癌、炎症性腸疾患、下部消化管出血)
肝疾患(ウイルス性肝炎、急性肝炎、肝機能障害、肝硬変、肝臓癌)
胆道、膵疾患(胆のう結石、胆管結石、急性胆嚢炎、閉塞性黄疸、膵臓癌、膵炎、膵嚢胞)

スタッフ紹介

教授
  • 舘 佳彦
講師
  • 平山 裕
  • 大久保 正明
助教
  • 高村 知希
  • 山田 日向
  • 田中 浩敬