麻酔科

皆様が手術を受ける際、全く痛みを感じないうちに、あるいは眠ったまま何も知らないうちに、悪いところを治してもらえるのは「麻酔」の力です。
我々麻酔科医は、文字通り「手術に際しての麻酔」を主な仕事としています。
皆様が手術を受ける何日も前から、我々はカルテを読み様々な検査結果を調べます。さらに主治医と打ち合わせをして、あなたの手術に最適な麻酔方法を考えます。時には必要な検査を追加することもあります。
我々は麻酔の薬を注射するだけではなく、気管に管を入れて人工呼吸を行ったり、血圧や心拍数の異常に速やかに対処します。体温の管理や輸液・輸血を行うのも麻酔科医の仕事です。手術が終われば呼吸、血圧、心拍数が安定していることや意識が回復していることを確認します。
さらに、手術後の症状に応じ、手術後も眠ったまま人工呼吸を継続し、血圧・心拍数の補助を行う治療(集中治療)の必要があるかどうか判断します。
麻酔科医は手術中絶えず皆様の身体の状態を監視し、安全な手術のためにその専門知識、技術を駆使して、手術という侵襲からあなたの身体を守っています。 

対応可能 疾患名

全身麻酔および硬膜外麻酔などの区域麻酔を必要とする外科的手術に対応します。

スタッフ紹介

教授
講師
  • 佐藤 恒久