お知らせ

ワクチン大規集団模接種会場における誤接種(期限切れワクチンの接種)のご報告とお詫びについて

 この度は、藤田医科大学岡崎医療センターに設置のワクチン大規模集団接種会場における誤接種(期限切れワクチンの接種)について、御心配をおかけし深くお詫び申し上げます。
 昨日(9月17日(金))、ワクチン大規模集団接種会場におきまして、前日にキャンセルとなりました18名分のワクチンが接種ブースに残ったまま破棄されておらず、当該ワクチンが翌日の接種に使用される事例が発生いたしました。
期限切れのワクチンを接種されました18名の方に対しまして、ご迷惑・ご心配をおかけしたことにつき、深くお詫び申し上げます。18名の方には、現在のところ健康被害は報告されておりませんが、今後、抗体検査を1回目及び2回目接種の2週間後にそれぞれ実施させて頂き、免疫の状態を確認して参ります。そして、抗体検査の結果により、抗体不足等が確認された方に関しましては、必要に応じて再度接種を実施させて頂く予定です。なお、事例発生後速やかに愛知県に報告の上、報道発表の形で公表いたしております。
 今後二度と本件のような事例が発生しないよう、原因究明をするとともに、これまで以上にワクチンの管理を徹底し、再発防止に努めて参ります。
引き続き新型コロナウイルス感染者の対応に加え、ワクチン接種・抗体カクテル療法の普及に全力で取り組んで参りますので、ご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

藤田医科大学 学長・病院群統括病院長 湯澤由紀夫
藤田医科大学岡崎医療センター 病院長 鈴木克侍