グローバルナビゲーションへ

本文へ

ローカルナビゲーションへ

フッターへ



トップページ >  施設の特徴

施設の特徴


大地震時にも主要機能を維持する免震構造

病院本体は、免震構造を採用。大地震時の建物への衝撃を抑制することで主要機能を維持し、岡崎市南部の防災拠点として、地域の皆さまの安全を守ります。

救急外来から手術室・集中治療室フロアへの直通EVなど重症対応が可能な動線設計

重症者の緊急手術に対応出来るよう、救急外来から手術室・集中治療室フロアへの直通EVを設置。また、救急外来に隣接して画像診断エリアを配置し、迅速な診断が可能です。

多翼型の病棟形状で視認性の確保とコンパクトな動線を両立

スタッフステーションを中心に3方向に延びる病棟形状を採用。端部病室までの視認性の確保と動線の短縮化を両立させ、安全性を重視しています。また、病棟廊下端部に設けた窓からは、西三河の山や田園、市街地といった多様な景観を臨むことが出来ます。

安全かつ利便性の高いワンフロア完結型外来

外来部門を1階に集約。患者さんにとって分かりやすく、利便性の高い病院とします。